会社紹介

CEO ごあいさつ

いまから約7万年前、やっと頭角を現し始めた人類は、12,000年前に農業革命を果たし、250年前に産業革命を起こし、今や人工知能の革命を迎えています。 これらの革命は人類の限界を乗り越えた先に出会うもので、農業革命は沢山の人々が一人では不可能なことを可能にさせ、産業革命は人類の体の限界を超えさせ、ここにきて人工知能は人類の知能という限界を取り壊してしまったのです。 不可能だと思っていたことが目の前に広がれて、未知の領域に恐れたり怯えたりするかもしれません。しかしながら、決まっているデータやルールから離れた人の能力を超えるこの知能を、私たちが上手く教えて、扱って、有用に活かすことができるということでは、私たちは幸運に恵まれていると言えるでしょう。 この次の革命がいつ、どんな形で近付いてくるのかは分からないが、21世紀初頭で暮らしている私たちは、人工知能を深く理解し、上手く扱えることができれば、激変しているこの時代の主人公だってなれます。 私たちには人工知能の革命の主役になれるその夢があります。

私たちは映像を認識します。 人も情報の80%は目で取れるそうです。 このような映像認識を上手く扱える私たちは人工知能に色々なことを教え込むことができます。 どうやってこんな素晴らしい分野を考えたのかと、羨ましがったり、ある者はそれで飯は食えるのかと心配の目でみたり、一人で何でもかんでも頑張り過ぎているのではないかといわれることもあります。 周りの視線は色々ですが、私たちが進んでいる道は一つです。人工知能なんだから全てを見せることはできませんが、私たちは楽しく、ひたすらに恐ろしい未来を素晴らしいものに作り上げています。

私たちは客様とご一緒に歩いたいです。
その為には私たちはプレミアリーグのベンチでチャンスを待ってるよりベンチ入りベンバーとして活躍したいです。
私たちはプレミアリーグを目指して走って行きますので無理に急ぎません。
ただ、今の位置で頑張って走る行くだけです。