技術

AEB 自動緊急ブレーキシステム

一眼レフカメラAEBシステム

スペインのEuro NCAPテスト機関「IDIADA」からPLKの一眼レフカメラを用いるAEB-PD、AEB CCR システムの評価を受けて通過しました。PLKは対象を認識して制御部に信号を与える役割をしました。対象を認識して正確な時点で制御システムが動作できるように情報を与えたことは、PLK前方カメラの高い認識率を証明する結果です。

センサーフュージョンAEBシステム


LKAS レーンキープアシストシステム

PLKは、レーンキープアシストシステム(LKAS)の実現に向け、前方道路を認識し、認識した車線の中心線に沿えて走行できるように制御部に信号を発する役割をします。カメラのイメージプロセッシングを基に、車線幅、車線上車両の横方向位置、両側車線までの距離および車線の形又は道路の曲率半径を測定し、これを元に曲線道路でも安定的な走行を可能にします。さらに、これらから得られた車両の位置と道路の情報を用いて車両の走行軌跡を推定し、推定走行軌跡に応じて車線変更を行います。これにより、曲線道路での走行・車線変更を正確かつ安定に維持して、自動運転に必要なハンドル制御システムを具現しています。


センサーフュージョン 自動運転向けセンサフュージョン

PLKが専門的に研究開発しているカメラセンサーは、さまざまな物体を同時に認知して判断を可能にしています。特に、ディープラーニング方式を適用して認識対象を区分する認知能力の向上に取り組んでいまして、これは自動運転の中でもカメラセンサーしか実現できない領域です。また、レーダーではできない道路面の車線や標識情報などを読み取ることができるという強みがあります。

レーダーセンサーは放射された電気波の反射時間を認知する方法で、気象環境や昼夜に関わらず、安定的に距離を測定します。 カメラとレーダセンサーフュージョンを用いることで、各センサーの長所を最大限に活かして気象や照度の制約をうけずに安定的な距離測定を行って、前方車両、車線、標識、歩行者などの認識対象を区分して認識できます。これは、最も的確なときに制御システムの動作に繋がるので、 自動運転に必須で、費用対性能を考えれば、最も有望なセンサーソリューションと言えるでしょう。


マップ連動

現在運転者が何処を走行しているのか、車路を的確に把握して経路を提案するマッピング技術は、完全自動運転には必修技術です。PLKは、映像認識カメラを用いて車線、信号、標識などを認識し、道路マップ情報を統合してGPS情報を超精密化します。道路上の対象を認識して、車両から認識対象までの距離を測定し、多重車路から車線の特性(色情報および点線、実線などの模様情報)を基に、横方法情報を得て走行中の車路を判断します。これにより、リアルタイムで現在走行中の位置を把握してこれから何処へ進めばいいかその経路を提案することが可能です。


V2X 通信

PLKは、「車車間通信」や「車とモノとの通信(信号やコントロールセンターなど)」を用いてそれぞれの車から検出した地域の状況をリアルタイムで受け取る技術を開発しています。カメラセンサーで運転者車両の正確な位置を把握して通信を通じて走行経路の状況をリアルタイムで確認することで、事故や渋滞などの状況情報を受け取り、暇な道を選択できるように助けます。また、ADAS 機能を通じて車線逸脱、前方衝突、歩行者衝突危険などのデータを共有して事故発生リスクを事前に把握します。このような走行ビックデータをコントロールセンターに送って運転者の運転習慣を分析したり、特定な場所で発生する事故類型を分析して、運転者に予め警告したり、事故予防のためのシステムを道路に構築するなど、さまざまに活用できます。